2017/03/23

【限定10名様】テクニカルミーティング(4/26(水)@大阪本社)

*** 満席となりました。お申込みありがとうございました! ***
(4/10 10:00更新)



 昨日、田口伸先生の「タグチメソッド入門(2日間コース)」の初日に、飛び入り参加してきました。軽妙な語り口で、見習うべき点が多かったです!もちろん、そのあとの懇親会も盛り上がりましたよ!

 さて、第3回のジェダイト テクニカル・ミーティングは、製造業への品質工学活用のための阻害要因である「7つの壁」とその壊し方をテーマとします。この種のセミナーはノウハウの塊のため、これまでほとんど開催されることはありませんでした。

 品質工学や設計・開発の社内コンサル、推進者、研修担当、事務局の方必見です。企業への品質工学導入は、品質工学を使うことを目的にしてはうまくいきません。開発プロセスの課題や目的を共有した上で、設計・開発現場で実践できる方法で導入を図る必要があります。そこに「超実践品質工学」がお役に立ちます。

Face to Faceを大切にしたいと思いますので、<限定10名様募集>とさせていただきます。この機会をお見逃しなく!

品質工学導入のための「7つの壁」とは?
 1.そもそも、なぜ品質工学が必要なのかわからない。
 2.直交表実験(18モデルもの試作実験)を実施する時間がない。
 3.考え方や用語がとっつきにくい。
 4.機能が定義やノイズ抽出方法を、体系的に教えてもらえない。
 5.統計の計算やデータ解析が難しそう。
 6.成果がうまく示せない。
 7.一過性の活動に終始して、継続的な活動や定着につながらない


4月26日(水)13:30~16:30 ジェダイト大阪本社にて。
参加費は10,800円(税込)です。
みなさまとの積極的な議論を楽しみにしています。

詳細は、弊社ウェブサイトをご覧ください。
本ブログのお問い合わせフォームから、下記内容を送信いただいても結構です。ご不明点もご相談ください。
-------------------------------------------------------------------------------------
申込書
ジェダイト テクニカル・ミーティング(2017/4/26@大阪本社) 
●会社名・所属:
●お名前(ふりがな):
●メールアドレス:
●日中電話番号:
-------------------------------------------------------------------------------------

【内容を一部ご紹介】
0.はじめに~こんな品質工学の指導はいらない
1.品質工学の必要性を理解し、共有するには
2.「品質工学=直交表」を払しょくするには
3.品質工学の考え方を分かりやすく伝えるには
4.機能定義やノイズ因子でつまづかないためには
5.SN比の計算やデータ解析でつまづかないためには
6.経営幹部や管理者にうまく成果を伝えるには
7.活動を継続・定着させるためには
8.ケーススタディ
※内容が若干変更なる場合があります。ご了承ください。

講師:鶴田 明三 株式会社ジェダイト 代表取締役・コンサルタント



2017/03/19

【限定6名様】テクニカルミーティング(4/7(金)@大阪本社)

*** おかげ様で、早々に定員超過いたしました(3/22 15:00)。
   次回は4/26(水)の予定です。 次回告知をお見逃しなく。***

 相原勇さんの経営者インタビューはご覧いただけたでしょうか。品質工学を専門外の方に説明するのは難しいものですね。前の投稿で、インタビューのこぼれ話も書いていますので、ご笑覧ください。

 さて、第2回のジェダイト テクニカル・ミーティングはコンピュータシミュレーションのパラメータ設計をテーマとします。コンピュータシミュレーション設計における交互作用の問題、多目的の問題、計算工数の問題を解決する最新手法をご説明します。Face to Faceを大切にしたいと思いますので、<限定6名様募集>とさせていただきます。

ジェダイト テクニカル・ミーティング

シミュレーションによるパラメータ設計で、短時間で最適解に導き、品質(安定性)も確保できる手法をご紹介!品質特性における交互作用の問題、直交表×繰り返し計算により計算工数の問題、性能とSN比の同時最適化の問題をクリアするオリジナル手法「スノコ法」とは?品質工学の基礎から復習し、少人数で和やかにディスカッション、存分にご質問できます。

この機会をお見逃しなく!





4月7日(金)13:30~16:30 ジェダイト大阪本社にて。
参加費は10,800円(税込)です。
みなさまとの積極的な議論を楽しみにしています。

詳細は、弊社ウェブサイトをご覧ください。
本ブログのお問い合わせフォームから、下記内容を送信いただいても結構です。
ご不明点はご相談ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
申込書
ジェダイト テクニカル・ミーティング
(2017/4/7(金)@株式会社ジェダイト大阪本社) 

●会社名・所属:
●日中電話番号:
●その他お問い合わせ事項など:

-------------------------------------------------------------------------------------

【内容を一部紹介】
1.パラメータ設計の前に機能性評価を押さえよう
 機能性評価の必要性と手順
 機能の定義方法、ノイズ因子、エネルギー比型SN比
 ロバストネスとはどういうことか?
2.超実践パラメータ設計
 何のためにパラメータ設計を実施するのか、
 解析データの見方が重要! 解析ツールの使いどころ、
 ピンチのマル秘脱出方法(再現しない場合、利得が小さい場合)
 解析ツールの紹介
3.シミュレーション設計の問題を解く「スノコ法」
 シミュレーション設計における問題(交互作用、計算工数、多目的)
 従来の逐次法、スノコ法が解決する問題点
4.事例:高周波回路のパラメータ設計
 SN比と性能を同時達成しつつ、計算工数1/6化!

講師:鶴田 明三 株式会社ジェダイト 代表取締役・コンサルタント


株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

2017/03/15

経営者インタビュー(インタビュアは相原勇さん)が掲載

 仕事を楽しむためのWebマガジン「ビープラス」さんの「経営者インタビュー」に弊社が掲載されました。インタビュアーは女優の相原勇さんです(写真あり)。
勇さんに品質工学を説明しちゃいましたよ!ぜひご笑覧を!



日本製造業復興を担う「超実践品質工学」とは


 このブログでだけお知らせしますが、実はこのインタビュー、依頼受けたのがインタビューの前々日です。「明後日、そちらに伺ってインタビューできる会社さんを探しておりまして」と会社代表電話番号にビープラスさんからご相談がありました。

 いろいろ話を聞いていたのですが、「女優の相原勇さんがハワイから日本に帰国されるので、そのときにインタビューをお願いしたい」との一言で、受けてしまいました。相原さんといえば、ピーターパン、イカ天、フレンドパークなどで活躍されて、我々と同世代の結構なアイドルだったんですよ。ま、率直に言えば、相原さんにお会いしたかったと(笑)。

 電話を切った後、受けたのはいいが、「本当に相原勇さんに、品質工学や設計・開発コンサルティングの話をするの?」と急に不安になってきました(笑)。技術者や経営者に話してもなかなか伝えるのが難しい話を、専門外のタレントさんにお話しするわけですから。

 翌日、相原さんのプロフィールが送られてきたので、何か話のとっかかりになりそうなものはないか、と見ていると、相原さんはセスナの操縦免許を持っているんですね。つまり、航空力学なんかの勉強はされているわけです。これを使おうと。

 インタビュー当日、
「相原さんはセスナ機を操縦されますね。セスナも天候や地形、機体の整備状態などいろんな条件によって飛行が左右されるでしょう。そういう条件を実験室で作り出して、実際にいじめてみることで早く製品の悪さが分かるのです。」
なんて話もしましたが、1時間の対談に対して2ページの記事ですので、この部分は残念ながら割愛されてしまいましたが。

 相原さんはベルヌーイの定理もご存じでしたし、とても好奇心が強く理解の早い方で助かりました。また、トライアスロンもされていて、それはエントリーからトレーニング・調整、本番のゴールまで期間が決まっていることと、その間のセルフマネジメントが重要な世界だと教えていただきました。それが品質工学がいうところの、「決められた期間に技術開発を行うための工夫に似ている」とおっしゃっていたのには、新しい気づきをいただきました。

 小柄で華奢なのにすごくエネルギーがあって、こちらもたくさん元気と勇気をいただきましたね。さいごは下名の著書にも興味を持っていただき、「これなら理解できそう」と1冊持って帰られました(もちろん、サインしましたよ)。

 当日はこのあたりでは珍しく雪が降る日でしたが、楽しく1時間のインタビューを受けさせていただきました。会社をやっているといろいろあって楽しいですね。

株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

2017/03/06

【限定6名様】テクニカルミーティング(3/24@大阪本社)

*** 本セミナーおよび次回セミナー(4/7)は募集を終了しました。
   次回募集は4/26(水)の予定です。 次回告知をお見逃しなく。***

 株式会社ジェダイトを立ち上げて2か月あまり。ようやく、諸手続きやウェブサイトの立ち上げ、その間に単行本を1冊執筆、講演やセミナーを6日間実施させていただき、コンサルティングなど今後につながるお話もいただいて、よいスタートが切れたかなと思います。

 本日は母の命日(もう34回忌です)なのですが、先日実家に帰って墓参りにいって会社の立ち上げを報告してきました。ほっと一段落つきましたが、これからがスタートです。

 さて著書「これでわかった! 超実践品質工学」の読者のみなさまから、お問い合わせフォームなどで、これまでいろいろとご質問やご感想をいただき、すべてにご回答してきましたが、ご好評につき、ライブでミニセミナーをお届けしたいと考えました。ただし、Face to Faceを大切にしたいと思いますので、<限定6名様募集>とさせていただきます。

ジェダイト テクニカル・ミーティング
「これでわかった!超実践品質工学」の著者に聞け!
 ~著書で本当に伝えたかったこと、”超実践パラメータ設計”も語る3時間!~


「これまでで一番分かりやすい!使える!」と大好評、AMAZON経営工学カテゴリで1位にもなった、著書「これでわかった!超実践品質工学」の著者つるぞうによる、テクニカル・ミーティングです。
 著書の内容に加えて、新たに”超実践パラメータ設計”の内容を追加してお話します。少人数で和やかにディスカッションできますので、著書内容の不明な部分、もっと聞きたい部分が存分にご質問できます。

 この機会をお見逃しなく!



3月24日(金)13:30~16:30 ジェダイト大阪本社にて。
参加費は10,800円(税込)です。
みなさまとの積極的な議論を楽しみにしています。

詳細は、弊社ウェブサイトをご覧ください。
本ブログのお問い合わせフォームから、下記内容を送信いただいても結構です。
-------------------------------------------------------------------------------------
申込書
ジェダイト テクニカル・ミーティング
(2017/3/24(金)@株式会社ジェダイト大阪本社) 

●会社名・所属:
●日中電話番号:
●その他お問い合わせ事項など:

-------------------------------------------------------------------------------------



株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

2017/03/05

「超実践品質工学」のレポートがダウンロードできます。

 分かりやすく、成果のでる「これでわかった!超実践品質工学」の内容が、詳しく読めるレポートが期間限定でダウンロードできます。もちろん無料です。

 8000文字以上の充実の内容です。

【内容ご紹介】
#01 ~早い段階で”未来の品質”の見える化を!~
#02 ~ここが問題!従来の試験方法~
#03 ~「機能性評価」で「より早く、より速く」品質の評価を~
#04 ~機能定義のコツ教えます~
#05 ~あえて「悪くなる」条件を作り出すノイズ因子~
#06 ~SN比は意味を理解して、ツールで使いこなす~
#07 ~機能性評価の使いどころと効果~

 株式会社ジェダイトのウェブサイト「お問い合わせ」の特設フォームからご請求ください。外部ストレージにアクセスできない環境の方はご相談ください。直接メール・お問い合わせフォームにてご請求いただいても結構です。レポート返送します。



株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

品質工学による設計・開発コンサルティングのご案内(株式会社ジェダイト)

成果がでる「超実践 品質工学」のコンサルティング!


株式会社ジェダイト独自の設計品質評価・改善メソッド「超実践品質工学」による設計・開発の徹底支援。
多数のセミナー、講演で「分かりやすい」「目から鱗が落ちた」と好評です。
大手電機メーカでの豊富な指導経験をもつ、技術士つるぞうの直接指導だから成果がでます。人間的な成長も重視する、血の通った設計・開発コンサルタントです。


超実践品質工学

従来のタグチメソッドを早く・成果のでる実践的内容に進化

分かりやすい機能定義メソッドやズバリ設計品質を見える化するエネルギー比型SN比を用いて、
短時間での設計品質の見える化・改善・最適化を実現します。
市場品質・クレームの低減のほか、工程内の不良率・ロス改善に貢献します。
多数の試作が困難な製品では、直交表を使わない方法を指導します。
設計・開発技術者にとって、品質を見える化するための正しいデータを創出するための必須の手法です。

パターン認識

検査の自動化、分類、予測などを低廉なパソコンレベルで実現

音、波形、画像、機器分析データ、製造プロセスデータなどを用いた、良品と不良品の自動判別を行えます。
また、プロセスデータから歩留まりや品質傾向などの将来予測を行うことも可能です。
さらに、予測の結果を先取りして、結果を最適化するためのプロセスの制御を実施した事例もあります。

設計リスク抽出・デザインレビュー

設計の見落としやミスをチェック

新手法XCN®(クロスチェックなぜなぜ分析)によって、設計品質リスクを未然にあぶりだします。
これをデザインレビューや品質評価計画に反映することで、確実な設計品質確保を可能にします。
当社はXCN®の商標使用許諾を三菱電機株式会社から受けている唯一の企業です(2017年1月現在)。

不具合原因分析・製品企画分析

大量のデータの中から意味のある知見を抽出 

プロセスデータ等の統計分析から不具合原因を探索します。不具合の原因究明・改善や、客先への説明に有効です。
新製品、試作品のユーザアンケート結果などから、市場に受け入れられる製品の魅力を分析し、製品企画に反映します。

御社に合ったコンサルティングをご提案しますので、お気軽にご相談ください。
株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

2017/03/03

報告:「タグチメソッド概論」 大好評で終了! 次回は田口伸先生です。

 2/23に開催されました、有限会社アイテックインターナショナル主催のタグチメソッドセミナーの第1回が終了しました。担当は下名で、「タグチメソッド概論~タグチメソッドの概要と効果と機能性評価~」と題して5時間の講演を行いました。

 以下アンケートより代表的なご感想を文末にご紹介します。「これを受けたことで次の段階(パラメータ設計)での理解が大きく変わる」、「これまでで一番分かりやすかった」、「スッキリした」、「腹に落ちた」と、みなさん新しい気づきを得て帰っていただきました。
 さあ「露払い」も終わりましたので、次回はいよいよ
真打、田口伸先生のご登壇です!3/22~23の2日間です。
お申込みは3/17までです。お忘れなく!

第2回
 日時:3月22日(水)、23日(木)10:00~16:00
 場所:WA東会議室(第三会議室)
 「タグチメソッド入門
   ~タグチメソッドの基礎知識とパラメータ設計習得」
 講師:田口 伸 ASI コンサルティング CTO)

◆お申込み先
 公式HPのご案内よりFAX(052-917-0712) または メール(info@iteq.co.jp)にて。

【終了後アンケートより】

  • 品質工学の考え方が非常に理解しやすかったです。パラメータ設計の前に本セミナー「概論」を受けることで、次の段階での理解度が大きく変わると思いました(K社 I様)。
  • これまで受講したセミナーの中で最も分かりやすかったです。概論から学びたいと思っていましたので、本当に良かったです。ありがとうございます(A社 O様)。
  • これまでの品質工学の本はが難しく、結局どんな効果があるのかもイメージできていなかったが、今回のおセミナーで機能の定義方法(機能定義の重要性)、ノイズ因子の決め方など、基礎部分が学べた(N社 W様)。
  • 表現や内容を分かりやすい表現で説明していただけたことや、例などによって大変よく理解できました。また質問にも的確な回答をしていただけてスッキリできました(K社 O様)。
  • 今まで品質工学はパラメータ設計の部分だけと思っていましたが、パラメータ設計を行う前の機能性評価が大切だということが分かりました(A社 H様)。
  • 機能性評価は、腹に落ちた感があり、理解が深まりました。「超実践品質工学」の本を読んでわからなかったところが理解できて良かったです(A社 M様)。
  • 大変分かりやすかったです。機能性評価の考え方を改めて理解できました。Pダイヤグラムや要因効果図から初めていきたいと思います(A社 K様)。