2017/01/31

【告知】品質工学セミナー入門コース(2/13-14@大阪)

日本規格協会関西支部主催の「品質工学セミナー入門コース」のご案内です。
今回も2日間とも下名が熱弁を奮いますので、品質工学の全体像を知りたい方、実務に生かしたい方、社内で先生をされている方、コンサルタントの方のご参加をお待ちしております。

また、今回よりパワーポイント資料以外の補助テキストとして、下名の著書「これでわかった!超実践 品質工学」を事前配布いたします。ぜひご一読いただき、本書内の疑問点や補足説明要望などを当日おっしゃっていただければ幸いです。

<品質工学セミナー 入門コース>
■日時:平成29213()14(
    両日ともに09:30-16:30

■会場:一般財団法人 日本規格協会 関西支部 7階講習会場
    大阪市中央区高麗橋3丁目2-7 ORIX高麗橋ビル7階
    TEL 06-6222-3137  担当:秋枝さん

お申込みはこちらから

過去のセミナー受講者の声(終了後アンケートより)
●本で読む100倍以上理解できた!
●これまでなぜ積極的に導入しなかったか疑問だ出るほど、いい方法だと認識できました。
●真の重要箇所がつかめました。
●霧がかかっている山から、霧が晴れた山に変わった気がします。
●導入に当たっての前段階での本質的な説明部が丁寧で大変理解しやすかった。
●社内で展開していくにあたってのヒントがたくさんつかめた。
●市販のテキストには記載されていないことも含まれており分かりやすかった。
●難解なイメージがあったが、実はふだんの業務でもすぐに活用可能だと感じた。
●品質工学を使えば何でもできるというボヤっとした期待感はなくなり、本当の意味が分かった。
●今までとは違った考え方を学んだ。他のこれまでの考えと結びつけて品質向上に努めたい。
●DRの前準備が大事。開発部門の開発状況を確認するところからはじめる。
●社内でもすでに活動しているが、基本的な部分の「抜け」を感じた。それを補完するような働きかけを行っていきたい。
●具体的な講師の事例がよかったし、質問も明確に答えてくれた。
●質疑応答にたくさんの時間を割いたので、色々な視点・気づきがあり大変よかった。
●質疑応答に役に立つものが多く、自社で生かせるものが多かった。
●率直な感想は「もうちょっと講義を受けたかった・・・!」でした。分かりやすく、面白く、あっという間でした。

0 件のコメント: