2018/05/26

技術者向け統計手法教育のご案内

 メーカ様から要望の多い、統計手法教育も実施しております。すでに大手メーカー様でも実施実績のあるコースです。

 まったくの統計手法の初心者の方を対象に、全12回で「仕事に使えるスキル」を学ぶことができます。数式中心ではなく、日常的な事例を用いて考え方を理解できるほか、エクセル演習を通じて「使える力」を育みます。


 御社に訪問して数名~30名程度までを対象に講義、演習を実施します。演習では弊社提供のExcelツールを使用し、セミナー後も自由にご使用いただけます。

 月2回で6か月、月1回で12か月で修了できます。もちろん、QC検定(2~3級)対策にも最適です。

標準的なプランで、1日3時間講義・演習+オプションで1時間個別相談の3時間または4時間です。
(1回1日~2日の訪問で2~4コマまとめて実施することも可能)

お問い合わせ
https://data-engineering.co.jp/contact/

<標準的なシラバス>
第1回 統計的手法の概要(考え方、学習のメリット)
第2回 データの種類、データの変換、母集団とサンプル、基本統計量
第3回 QC7つ道具、工程能力指数
第4回 管理図、正規分布と確率
第5回 大数の法則、中心極限定理、平均値の信頼区間
第6回 平均値の有意差検定、t分布
第7回 2つの分散の比の検定、F検定(分散分析へのブリッジ)
第8回 実験計画法①:フィッシャー三原則、平方和の分解、自由度、一元配置(繰り返しなし)
第9回 実験計画法②:一元配置(繰り返あり)、二元配置(繰り返しなし、あり)
第10回 実験計画法③:直交表の場合、品質工学(パラメータ設計)との違い
第11回 相関分析(単回帰分析)
第12回 重回帰分析、T法

株式会社ジェダイト(JADEITE:JApan Data Engineering InstituTE)

0 件のコメント: